2013年06月26日

東京バレーボールアカデミーの初心者 練習メニュー

vs01.jpg
練習でも思うように動けるケースは少なくて、試合になると自分にボールが回ってこないように祈るような気持ちでいたとしても、
様々なシチュエーションでどんな風にプレーするのが最適なのか、イメージを持つことができ、自分のプレーに自信が持てるようになる方法がこちら




あなたも、↓のような悩みがあるんじゃないでしょうか??


相手チームにとって良い穴になっている

後から始めた人にすぐに追い抜かれてしまう

サーブが相手コートまで届かない

バレーボール未経験



もしあなたの身近に、バレーボールで優秀な選手として活躍をし、指導者としても数多くの実力者を生み出している人がいるのならば、

その人に教わることで、てっとり早くスキルアップを果たすことが出来るでしょう。


しかし、そんな優秀な指導者なんてそんなにたくさんいるわけではなく、多くのチームでは指導者不足に悩んでいるのが現状です。


さらに悪いことに、指導者のレベルが低い場合、一つ一つのテクニックを覚える際に、

本当ならばもっと手軽に身に着ける方法があるにもかかわらず、余計な遠回りをさせられるケースが良くあるため、

1回の練習で上達している手ごたえが小さくなってしまい、練習を続けるのがどんどん辛くなっていってしまうものです。


vs10.jpg

東京バレーボールアカデミー 斎藤利さんの驚異のバレーボール上達法は、20年以上もバレーボール指導に携わってきたノウハウが収録されているトレーニングDVDで、

バレーボールのセンスとか才能に左右されることなく、着実にレベルアップを果たしていけるようにカリキュラムが構成されています。


斎藤利さんとはちなみに、社会人リーグで活躍したとか、高校時代に全国大会に出場した経験もなければ、

東京都立科学技術大学という理系の大学を卒業するなど、スポーツとはあまり縁のなさそうに見えるキャリアの人なのですが、

バレーボール好きが高じて、力学的にバレーボールを分析し、どんなプレーをすればよいのかを徹底的に研究。

vs04.jpg

その結果、全国大会常連のチームに入って見事にレギュラーを勝ち取り、全国大会出場を達成してしまうという経験をしています。


彼の主催する東京バレーボールアカデミーは、指導した人全員がスキルアップに成功するなど、

運動神経とかバレーボール経験の差に関係なく、誰もがバレーボールが上達できるカリキュラムが用意されていて

すでに2000人以上が斎藤利さんのおかげでめきめきと実力アップを果たしています。


最小限の動作で最高のプレーができる考え方やテクニックを学ぶことが出来る斎藤利さんの驚異のバレーボール上達法のポイントはこちらでも詳しくまとめています。

vs03.jpg


posted by 東京バレーボールアカデミー at 05:51| バレーボール 初心者 練習メニュー | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。